全ての人がレーシックを受けられる訳ではありません・美容整形クリニック・美容整形に関する業界、芸能人のうわさ・疑惑・本当の情報及びニュース。プチ整形・目・鼻・口・豊胸・レーザー脱毛・視力回復レーシック・植毛等の美容整形情報・ニュース発信。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

全ての人がレーシックを受けられる訳ではありません


全ての人がレーシックを受けられる訳ではありません。 LASIKを希望される場合、手術を受ける方の眼が手術に適しているかどうかを判断するため、適応検査を受けることが必要です。(要予約)LASIKに適している方は、適応検査で以下の基準を満たしている方となります。ただし、医師との相談の上適応を広げる場合もあります。
適応基準 ■20歳以上(但し、18歳以上で保護者の同意があれば手術を施行する場合もあります) ■角膜やその他の目の病気(円錐角膜・重症なドライアイ・緑内障・糖尿病網膜症など) ■屈折値(ジオプター※)が-2.5~-10.0Dの中・高度の近視であること ■乱視は-3.0D以下であること ■近視の度数が少なくとも1年(出来れば1年半)以上安定していること ■妊娠・授乳中でないこと ■角膜の厚みが充分あること(500μm以上) ■過度に神経質または精神的に不安定でないこと ※ジオプター(D)とは、近視の強さを表す単位です。マイナスは近視を意味し、この数字が大きい程近視度が強くなります。-6Dの近視の場合、裸眼視力(メガネやコンタクトレンズを使用しない視力)はおよそ0.1以下となります。   このような方にレーシックをお勧めします! ■コンタクトレンズや眼鏡にわずらわしさを感じている。 ■左右の視力(近視度)がかなり違い、眼鏡では矯正が困難である。 ■スポーツをするため、現在のコンタクトレンズや眼鏡では不便。 ■ドライアイやアレルギー性結膜炎などのため、コンタクトレンズが使用できない。 ■地震などの災害時に不安を感じる。 ■現在の視力では、希望する職業につくことができない。 情報協力:名古屋アイクリニック
スポンサーサイト
Copyright © びようせいけいブログ All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。